<   2017年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今回最後の出張はアムステルダムです。

天気予報はくもりでしたが、どうなる事やら?

街を殆ど歩いて回りますので、雨が降りませんように!

アムステルダム行きのフライトはいつも満席なのですが、私の隣だけ空いていてラッキーでした。

先ずは年配のご夫婦がやっていらっしゃるお店に行ってみましょう。

b0284422_11403990.jpg

店に着くとお二人ともいらっしゃり、ご主人様はショーケースを綺麗にディスプレイされていました。

商品を左右対象に並べてみたそうです。

こういったショーケースが六台有ります。

写真の左手にディスプレイされていたピンを頂く事にしました。

b0284422_11405527.jpg

こちらの店の隣からずっとアンティークショップが並んで居ますので、順番に見て行きます。

バック屋さんの中にショーケース一台だけジュエリーが並んでいる店に初めて入ってみたら、40'sの少し大きめのルビーリングに目が止まりました。

久しぶりに挑戦してみましょう。

b0284422_11410609.jpg

この通りを最後まで来て、次は少し離れた場所にぽつんと有るアンティークショップに寄ってから、いつも最後にタクシーで行く夫婦でやっているショップに向かいます。

二人の笑顔に迎えられて店に入ります。

目に止まったリングを見ていると、「これはあなたの為に買ったんだよ」というダイヤモンドリングから始まって、次から次と金庫の中からお勧めのリングが出て来ます。

どれも的を得た提案に、かなり予算オーバーのリング達を決めてしまいました。

お支払いと書類の作成が終わると、「ワイン飲む?」と言われ乾杯しました。

ロンドンへ帰るのにスキポール空港へ来てみると、私のフライトに30分遅れの表示が出ています。

来る時はラッキーだったのに、最後に余計な落ちが付いたアムステルダムの旅でした。

でもこの時間なら、ヒースロー空港の入国審査は空いているでしょう。

部屋に着くのは午前様になってしまいそうです。


[PR]

5:30に予約したミニキャブで、ケンプトンパークマーケットに6:20に着きました。開場まで十分待ちです。
既にたくさんのディーラーが群がっています。

開門と同時にそれぞれがお目当てのディーラーに向かって走ります。私もダッシュで目的のディーラーまで来たのですが、二つ有るショーケースのうちの一つはもう既に空っぽで、もう一つのケースにも僅かな商品しか残っていません。

開門前にフェアーに出店している同業者が買い漁った後という事のようです。

残った商品の中からネックレスを一つだけ頂きました。

その後入口の最初から順番に、先ずはジュエリーを見て回ります。

5月に来た時には居なかったディーラーに久しぶりと言うと、オーストラリアに行っていたんだとの事でした。

そちらからオパールリングを頂きました。

久しぶりに握手をしているフレンドシップリングや、とても珍しいゴールドで裏打ちされたピケのクロスペンダントを買いました。

b0284422_11313602.jpg
b0284422_11320856.jpg

ジュエリーを見終わったので、それ意外のオブジェを求めてもう一回りしてみましょう。

その結果、残念ですが目に留まる物が見つからず、その代わりと言ってはいけませんがスコティッシュブローチを二点買いました。

一度部屋に戻ってコートと買ったジュエリーを置いて、次はアルフィーに行ってみましょう。

インタリオリングをたくさん持っているので、毎回見せてもらうディーラーで、ユニコーンのインタリオリングの値段を聞くと、珍しく安い価格を言うので理由を聞いてみると、今日買ったばかりだからと言っています。理由はどうでも良いので、頂きました。

b0284422_11323176.jpg

写真のユニコーンのお腹が白いのは、シーリングワックスが着いているからで,きれいに取り除きます。

次はキングスロードに有るアンティークモールに行ってみましょう。

5月に来た時は綺麗なペーストブローチを買ったディーラーから、今回もとても華奢な線で構成されたペーストブローチを頂きました。

b0284422_11331027.jpg

これで今日の活動は終わりにします。

時計を見ると、かれこれもう12時間以上活動していました。


[PR]

パリのアンティークショップに夕方訪れる約束をしていますので、ポートベローロードマーケットは10時には引き上げます。

その為ジュエリーを見た結論を即決しなくてはなりません。

たまたまジューイッシュ(ユダヤ人)のニューイヤーズホリデーの為、開いていないスタンドがかなり有ります。

そんな中でリング、イヤリング、そしてメガネを買いました。

部屋へ戻って荷物を作ってパリへ向かいます。

パリへ着き、ホテルへ直行して荷物を置いてからお約束のアンティークショップへ向かいます。その途中で二軒のアンティークショップを見学しました。

お天気は快晴で皆さまシャツ一枚です。

ヴァンドーム広場を見学しました。

b0284422_12413624.jpg

お約束のショップに着いてジュエリーを見ていると、オーナーさんがシャンパンを飲もうとボトルを開けてくれました。私を酔わして買わせよう、との魂胆ですね!?

でもその作戦にまんまと乗ってしまい、ダイヤモンドリングを二点頂いてしまいました。

今回宿泊するホテルの部屋にはバスルームが無く、同じフロアーの部屋共同のシャワールームが有るだけです。

お風呂は1日お休みします。

b0284422_12423635.jpg


[PR]

昨日の昼にパリへ着いた時は気温23度、シャツ一枚で良かったのですが、朝は10度でコートが必要です。

今日の昼には24度に成るそうなので、コートと荷物を知り合いのディーラーに預かってもらいましょうとその店に9:30に来てみたところ、まだどこも開店していませんでした。

皆さん朝はゆっくりなのですね。

b0284422_15083957.jpg

バカラ屋さんが最初に来たのでワイングラスを四点頂いて、夕方まで荷物とコートを預かってもらいました。そのお陰で買い付け開始です。


バカラ屋さんを出ると、何時もジュエリーをたくさん買うディーラーも丁度開店するところで、やっと店内に入れました。

そしてインタリオリングとメダイを買いました。

b0284422_15085680.jpg

その他の店とブースを全て見ましたが、気になるルビーリングを残してシャツーマーケットへ行く事にします。


b0284422_15090814.jpg

タクシーで約30分かけて到着して、早速見て回ります。

このマーケットはジュエリーよりも雑貨のブースが多いので、私としては正に気分を変えて取り組めます。

b0284422_15092867.jpg

端から順番にぐるりと一周しましたが、残念ながら一つも買えませんでした。

そこで振り返って見て、途中で気になったのに接客中で見られなかったサファイアリングをもう一度見てみようと、それが有った店に向かいます。

アールデコスタイルのデザインは素敵で気に入りました。


[PR]

一晩寝た翌日は、朝4:30に起きて活動開始です。

ヒースロー空港7:55発の フライトで、ウィーンへ向かうのです。

今回の買い付けはウィーンからスタートします。

ウィーン駅から何時ものお兄さんの店にタクシーで直行します。

私が訪れる事はメールで知らせて有りましたので、「ウェルカム マイフレンド!」と歓迎してくれました。

端から満遍なくジュエリーを見て、インタリオリングとペンダントを買いました。


この後周辺のアンティークショップをじっくり見て回ります。

b0284422_11435712.jpg

b0284422_11441748.jpg

写真は、近所に佇むアンティークジュエリーショップと、フレーム専門店の店内と外観です。

b0284422_11440757.jpg

他のアンティークショップからは、結局何も買えませんでしたのて、マイフレンドのお兄さんから頂いたジュエリーだけとなってしまいました。

ロンドンへ帰って、いよいよバーモンジーマーケットからスタートします。

ヒースロー空港の入国審査は、何時もの様におよそ一時間並びました。


[PR]

毎年欠かした事の無い9月の買い付けに旅立ちます。

羽田空港からの往復にも慣れて来ました。

b0284422_11432400.jpg

今回はどんな出逢いとアクシデントが有るのでしょうか?

楽しみです。

b0284422_11433623.jpg

12時間のフライトで、無事にロンドンへ着きました。

飛行機から降りて、早歩きで入国審査場へ着いて見てビックリ!

何時もは審査待ちの人でかなり大きなホールに人がいっぱいに溢れているのですが、今回は人が居ません。

何と10人位しか並んで居ないのです。

ロンドンへ着いて最初の仕事がこの入国審査に12時間並ぶ事なのですが、今回は5分で済みました。この30年間の最短記録です。


[PR]