忘れな草をメノウに浮き彫りしたミドルビクトリアンのカメオリングです。
b0284422_13204467.jpg

背景は黒に近いグレー、浮き上がった忘れな草部分は白色に色分けされています。

その周りには半球状にカットされたターコイズが取り巻いています。
忘れな草の花びらの色を表しているのでしょう。
その一つ一つの形、大きさ、色が皆微妙に違う所が妙で、職人の手仕事で削られたのであろうという事と、長年愛用されていた事が伝わって来ます。
b0284422_13232652.jpg

イギリスの19世紀中頃、ヴィクトリア女王が夫君のアルバート公とラブラブだった頃、恐らくその影響も有ってのことと思われますが、センチメンタルジュエリーが流行りました。
ジュエリーのモチーフに気持を表し、メッセージとしても使えました。
b0284422_1324198.jpg

リングやブローチ等をプレゼントする事によって、自分の気持ちを相手に伝えたのです。そして身に着ける人はそれを見て、プレゼンターの事を想っていたのでしょう。
忘れな草の花言葉は「私を忘れないで、真実の愛」で、このリングもそのお仲間の一つです。
b0284422_13223769.jpg

両サイドのシャンクは立体的にお花が寄り添って、全体の表情も優しくまとまっています。
見る向きや角度を変える度に表情が変わって見えます。
b0284422_14262984.jpg

裏側もきれいに仕上げられています。

最近ではロンドンマーケットでもこんなに細工が細かくて美しいリングには、滅多にお目にかかれなくなって来ました。

No 10661
Gold
メノウカメオ ターコイズリング
イギリス 19世紀中期
¥420.000


アンティーク ジュエリー GoodWill
青山店 TEL:03-3400-4117

Web → http://goodwill-antiques.jp/
公式Twitter → Follow Us on Twitter
公式Facebook → Become our fan on Facebook
買付けでパリのアンティークマーケットを訪れると、以前はカメオとエナメルの作品がとてもたくさん並んでいました。
それがこの数年で激減してしまい、なかなかお気に入りの品との出会いが難しくなってきております。
b0284422_16234513.jpg

このエナメルリングは、エンジェルが笛を吹きながら闊歩しています。
後ろに見える花が飾られた炎の碑は、心中に燃え立つ何かの激しい感情を表しているのでしょうか。
落ち着いたピンク色の中で、踊っているようです。
b0284422_16263123.jpg

まわりをぐるっと一周連なったローズカットダイヤモンドの鈍い輝きに包まれて、男性がしても様になるリングです。
b0284422_16333257.jpg

相当愛用されていたと見えて、シャンク側面のゴールドとシルバーの境目部分がかなり摩耗しています。
b0284422_1629164.jpg

エナメルの場面が大きく裏側が窪んでいるのですが、着け心地は決して悪くありません。
指に触れる部分が滑らかに仕上げられているからですね。
b0284422_16351856.jpg

No.7555
Gold Sv. エナメル ダイヤモンドリング
         19世紀後期
¥399.000
アンティーク ジュエリー GoodWill
青山店 TEL:03-3400-4117

Web → http://goodwill-antiques.jp/
公式Twitter → Follow Us on Twitter
公式Facebook → Become our fan on Facebook
いよいよロンドン滞在あと1日となりました。

こちらに滞在している時は、常に時間に追われて行動し続ける毎日ですので、いつもあっという間の出来事です。

これもワンパターンの行動の一つなのですが、いつもの店の最後のディナーで注文するのは、ダックオンライスと決めています。

b0284422_17493125.jpg


ご飯の上にただダックを乗せて秘伝のタレをかけただけなのですが、これが絶品で、日本では食べた事が有りません。(中華街に行けば有るのでしょうが?)

買い付けの一連の仕事を終えて、これを一人チンタオビールで頂くと、一仕事終えた充実感の中でとても幸せな気分に浸れます。
ささやかな喜びの一時です。

でも、部屋に戻ってスーツケースに荷物を纏めるという最後のもう一仕事がありました。

明日の19:30発 東京成田行きのフライトです。
そして日本に帰ってからもまた、新着フェアーの準備で大忙しの日々が続きます。

素敵なジュエリー達のお披露目を、どうぞ楽しみにしてして下さい。

ご来店を心よりお待ち申し上げております。


アンティーク ジュエリー GoodWill
青山店 TEL:03-3400-4117

Web → http://goodwill-antiques.jp/
公式Twitter → Follow Us on Twitter
公式Facebook → Become our fan on Facebook
運河の両岸にズラーっと並んだテントに、絵、人形、ランプ、カトラリー、花瓶、ペン、そしてジュエリーと何でも有りのショップが犇めいています。

b0284422_1129459.jpg

先ずはジュエリーだけを見てから、それが終わった後の二周目にその他のアイテムを物色します。

いつもはクリニアンクールマーケットの店舗で営業している、ほとんど毎回数点ゲットするディーラーが二人出店していますので、先ずはそこに向かいます。
チケットを送ってくれたディーラーにはお礼を述べてから、ジュエリーを隈なく見せてもらいました。

ケースの隅にある、一見クレストのインタリオリングと思われる指輪を出して貰いました。
しかし良く見ると沈んだ部分が黒いエナメルで覆われています。
これはどうもインタリオではない様なので
「これは何?」と聞いてみると、
「バッチリング」との答でした。

たまに見かけた事はありましたが、その名前は初めて耳にしました。
両サイドのシャンクに模様が掘ってあり、黒いエナメルのお陰で絵がしまって見え、全体の雰囲気が私の好きなタイプのど真ん中です。決心するのは早かったです。

もう一人の懇意にしているディーラーからも、リングとダイヤモンドイヤリング他数点をゲットしました。

次はジュエリー以外の色々をチェックです。
久しぶりにガラスの花瓶に目が留まりゲットしました。

時間を忘れてマーケットを楽しんでいましたので、時計を見てみると何ともう3:30ではないですか。
急いでクリニアンクールマーケットへ移動することにします。

アンティーク ジュエリー GoodWill
青山店 TEL:03-3400-4117

Web → http://goodwill-antiques.jp/
公式Twitter → Follow Us on Twitter
公式Facebook → Become our fan on Facebook
パリへ来た時はスケジュールが折り合えば、
必ずこちらに住んでいる友人と一緒にフレンチレストランへ行きます。

b0284422_11225347.jpg

ロンドンでの夕食は毎回近所のチャイニーズですので、
パリに来た時位はフレンチレストランでささやかな贅沢をさせてもらってます。

それも観光案内雑誌等に載っている店ではなく、パリ住人の案内なので、
決して高級店ではなく、日本人は私一人だけというパターンが多いです。

注文するメニューはこれ又ワンパターンのマグロ_デ_カナードです。
同じメニューでも、店によって味も盛り付けも違うのが興味深いところです。

色々な事で定点観測をしています。

店内の写真はちょっと失敗しています。すみません。

アンティーク ジュエリー GoodWill
青山店 TEL:03-3400-4117

Web → http://goodwill-antiques.jp/
公式Twitter → Follow Us on Twitter
公式Facebook → Become our fan on Facebook