b0284422_1275520.jpg

1991年にグッドウィルを開業してから、買い付けの渡航先をロンドン、パリだけでなく、それ以外にも探して行って見ようと思うようになりました。
まずは情報を仕入れようと、機会が有る毎に知り合いのアンティークディーラーに「買い付けはどちらに行かれますか?」との質問をして模索を始めました。
ヨーロッパではアムステルダム、ブリュッセル、ウィーン、ミュンヘン等々候補はたくさん上がりました。それらの候補の都市を通常の買い付けの時に1か所ずつ潰していきました。
アメリカは広すぎて都市をまんべんなく訪れるのは現実的ではないので、アンティークフェアーを対象として検討しました。そしてその中でおそらく最大規模と思われるマイアミフェアーへ3泊4日で行く計画を立てました。

会場に着いて先ずびっくりしたのは、その大きさです。大きなイベントホールが何軒も連なっていて、その中にはびっしりとブースが並んでいるのです。
全体像を把握する為最初に下見として軽く、でも隈なく全てのブースでジュエリーを見て回ることにしました。アンティークだけでなく、モダンのジュエリーを扱っているブースもかなり有ります。アイテムもジュエリーに限らずアクセサリー、時計、美術工芸品等々種々雑多ですので、それだけで丸一日かかってしまいました。

次にびっくりしたのは、私の事を知っている人の多かった事です。
会場を見て回る時は、とにかくケースの中のジュエリーを万遍なく見て全ての商品をチェックします。そして目が止まり見せてもらいたい品物を見つけた時に、初めて顔を上げてそこのディーラーに声をかけます。
ところが私がケースの中を覗きこんでずっと下を向いてジュエリーを見ている最中に、そこのディーラーの方から「Hello Fujio !」と声がかかります。
ロンドンのアンティークディーラーが何人も来て、そこにブースを展開していたのです。
それだけでは有りませんでした。私が商品を見ている横からもポンと肩を叩かれて「Hello Fujio !」や「こんにちは 末永さん」とあちらこちらで声がかかります。
このショーを見にロンドンのディーラーは勿論、日本の同業者も数多く来ていたのでした。

それだけ多くの業者が世界中から集まって来ているのですから、展示されている商品の数も膨大です。述べ何千点のアンティークジュエリーを見たのか定かではありませんが、その中で私がこれ素敵だな、と感じて見せてもらったアンティークジュエリーの殆どが、ヨーロッパで作られた物でした。
アメリカ製のジュエリーは見せてもらっても、結局1点も買えませんでした。
そしてこのトリップで7点買いましたが、その内の4点はイギリスのディーラーからでした。
この経験で判った事が有ります。
私の好み、嗜好に合うアンティークジュエリーは、
1)ヨーロピアンテイストの品物だったんだ。
2)アメリカンテイストは合わない。
という事です。

その後の色々な機会でアンティークジュエリーをいくら見ても、一向に外しません。

前置きが長くて済みません。これから今回の主役のお話に入ります。

そのマイアミフェアーでイギリスのディーラー以外のディーラーから買ったミニアチュールのペンダントです。
3人のエンジェル、もしくは子供たちが網で蝶を採っているのどかな光景です。それぞれ皆違うかわいい表情をしています。


エンジェルモチーフは頻繁に見かけますが、どの作品も顔は全部違います。手描きされたからこその成せる業です。
b0284422_1730915.jpg

b0284422_17315316.jpg


フレームもおそらくフランス製と思われますが、真珠で表現された花や薄いゴールドのリーフがとても繊細で軽やかです。真珠の一つ一つの色と形が微妙に違うところも、味のある優しい雰囲気を醸し出す要因です。
b0284422_1732556.jpg


チェーンを通すバチカンだけはちょっとしっかりめで、艶出し仕上げで色も微妙に本体とは違いますので、このパーツだけは後で取り付けられた物と推察されます。

裏側の真ん中のオーバル形のガラスの蓋は蝶番で止められていますので、観音開きに開いて中に写真を入れられるロケットとして使用できます。愛する人の写真をいつも身に着けて、いつでも会えるようにしていたのですね。
b0284422_17343033.jpg

b0284422_17344270.jpg


見ているだけでなんだか優しい幸せな気持ちにさせられてしまうという、不思議なパワーを持った逸品です。
顔が自然にほころんでしまいます。

Gold. Sv.
パール ミニアチュール ペンダント
フランス 19世紀中~後期
[PR]
私がまだ成城学園に有ったアンティークショップで店長として勤務していた24~5年前に、買い付けの為ロンドンに出張した時のお話です。

Kings road にAntiquarius ,というアンティークモールが有りました。(残念な事に数年前クローズして、現代の洋服や雑貨のショップとなってしましました。)
b0284422_1731194.jpg

b0284422_17315076.jpg


そこを訪れてジュエリーの買い付けがひと段落した後、クロックが並んでいる店に立ち寄りました。
色々な顔のクロックが並んでいる中のHENRY CAPTというブランドのスイス製の時計に目が止まり、見せてもらいました。1880年頃の置き時計です。
ポーセレンダイアルなので、文字盤のはっきりとした白色が綺麗です。
b0284422_17351511.jpg

b0284422_17542314.jpg


ポーセレンダイアルは何らかのクラックやヒビの走った物が多いのですが、私としましてはそれだけはどうしても受け入れられません。

b0284422_17373682.jpg

でも真鍮のケースはかなり変色していますし、長年使用された事による多少のキズや凹み等は、あばたもえくぼで大目に見られるのですけれど。

ケースはスケルトンになっていますので、カチカチと時を刻む仕事をしているのがいつでも見られます。
b0284422_1831337.jpg


このクロックは1時には1回、2時には2回と毎時後ろ側に付いている小さなベルをハンマーが叩いて、ベルの音で時を知らせます。
b0284422_17573192.jpg


時報を知らせる音の種類にはもう1種類ゴングが有ります。別のクロックでゴングの音と聞き比べてみたのですが、聞けば聞くほどベルの「チ~ン」という澄んだ音色に魅かれていきます。

フレーム中央の上部、文字盤の12の上の位置に小さなボタンがチョコンとついています。そのボタンを押すと、時刻に合わせて7時台には7回、8時台には8回ベルが鳴ります。夜寝る時に枕元に置いておいて、夜中に目が覚めて「今何時?」という時に手探りでそのボタンを押すと、その時刻の回数だけベルが鳴り今何時台かが判るのです。
b0284422_17583192.jpg


今では電燈のスイッチを入れればすぐに電気が点いて時計が見られますが、ロウソクの灯りで暮らしていた時代にはそうはいかず、これがとても重宝したに違いありません。
「枕時計」と呼ばれた所以です。

見て触っているうちに段々愛着も湧いてきてしまい、結局頂く事になってしまいました。商品としてでは無く私のコレクションとして。
私が生まれ育った環境には時計が溢れていてそれを見て育った訳なので、どうしても時計に興味が湧いてしまいます。それも日本では見たことの無い、目でも耳でも手に取ってでも楽しめる、こんな素敵な時計を目の当たりにしてしまっては仕方が有りませんでした。

今も青山店で時を刻んで「チ~ン」と時刻を教えてくれています。1週間に1度ゼンマイを巻いて時刻を合わせますが、2~3分程度の誤差です。
b0284422_185995.jpg

この上に突き出たピンを左右に動かす事により、時間の進み具合を調整できます。
真ん中の赤い石はルビーで、歯車の心棒を受けています。

真鍮やシルバーは磨いてやると顕著に表情が変わって見違えます。
買ってから一度も磨いてやったことが無かったのでかなりくすんでいて、でもそれはそれで落ち着いた良い感じになっています。
お世話になったお礼で20数年ぶりにケースを磨いてやりましょう。

b0284422_186223.jpg

するとこんなにピカピカになりました。
今までありがとう。

あと100年は頑張ってもらいたいものです。
[PR]
私は時計屋の息子として生まれました。
そのお陰で、物心が付くずっと以前から時計やジュエリーに囲まれて育ちました。
1階が店舗で、その2階に10畳一間と台所にお手洗い、という小さな長屋住まいでした。風呂は無いので、当然銭湯です。
まさに映画『ALWAYS  三丁目の夕日』 の世界その物で、東京タワーと同い年です。

外への出入りは、必ず店を通らなくてはなりません。それもすごく小さな店で、前半分は店舗ですが奥半分で時計の修理やメガネの加工を朝から晩までずっと作業をしている職人の間をすり抜けなくてはなりません。

子供の頃、職人さんが腕時計をばらしたり組み立てたりという作業をしているのを、しょっちゅう横から覗いて見ていました。
そのうちに自分でもやって見たくなったので、お願いをしていらない腕時計を1つ分けてもらってバラバラに分解した事が有ります。
そこまでは簡単に出来たのですが、組み立ては全然上手く行きませんでした。見た目では元通りにしたつもりが、部品が4つ余ってしまったのです。
「あー、どうしよう?」と思った次の瞬間、鼻から鼻水がツーっと垂れて来るのを感じたので無意識にそれを指で拭って見ると、何とそれは血でした。生まれて初めての鼻血だったのです。
たった1回のそんな経験だけですが、私は職人には向いていないんだという事が良く判り(思い込み?)、その世界に入る迄もなく逃避してしました。

大人になって大学4年で進路を決める時に、物を作る仕事の選択肢は有りませんでした。父の背中を見て育ったので、なるべくして成ったという事なのでしょうが、自分も商売の道に進もうと決心しました。

その結果、只今アンティークディーラー25年、商売の道を32年前進中です。
[PR]
シルバー台に四角くカットされたペーストをレール留めでセットされたエタニティーリングです。
青色の両サイドを無色のペーストで挟んだラインが、ストレートでスッキリしたデザインです。

b0284422_1932829.jpg
b0284422_1945377.jpg


この無色のペーストは、リングの円弧の半分だけに留められています。
その半球状の無色のペースト部分は左右に広がって、180度反対側にひっくり返って納まります。その納まった反対側の元々青色ペーストの有った位置に、今度は赤色のペーストが綺麗に並んでいます。
中側のリングの半分は青色、反対側の半分には赤色のペーストが留められているのです。

b0284422_1982048.jpg

b0284422_19101163.jpg


両サイドの無色ペーストはそれぞれ半円部分だけに留められています。それが円の両サイドで赤と青色ペーストが一列に並んでる中側のエタニティーリングの、青色と赤色の繋がった部分に金具で留まっています。(文章での表現はとても判り難いですので、写真をご覧ください。)

b0284422_19124670.jpg

b0284422_19135065.jpg


この様に赤色と青色を使い分けられるスタイルをして、赤をデイ、青をナイトと表現してデイ&ナイトと呼ばれます。


リング側面のシルバーの部分には、全ての面に模様が彫られています。
ペーストをレール止めしている細い線上には全て細かなミルが刻まれています。
どういった状態におきましても、彫かミルが施された地金が必ず見えます。
これが私のお気に入りポイントです。

b0284422_19165796.jpg

b0284422_19181366.jpg


指に当たる内側にはペーストに光が入る為の正方形の穴が綺麗に整列しています。こちら側は彫が無い鏡面で、只935というシルバーの金証を表す数字だけが印されています。

b0284422_19184543.jpg


エタニティーリングですのでサイズ11.5号は直せません。そのサイズの指をお持ちの方だけがリングとしてお使い頂けるのです。お持ちでない場合は、好きな状態にリングを広げて、チェーンを通してペンダントとしてのご使用を提案致します。

細部に至るまでデリケートな模様が刻まれ、構造的にもすごく興味深いリングです。

No.11304
Sv. ペースト デイ&ナイトリング
イギリス  20世紀初期  ¥94.500  
[PR]
オリジナルボックスの蓋を開けて対面したその瞬間から厳かな気持ちにさせられ、思わず姿勢を正して向き合ってしまう。そんな不思議なパワーを感じるペンダントです。
私がロンドンで出会った時のファーストインプレッションでした。

b0284422_13414221.jpg


b0284422_13324230.jpg


表面はロイヤルブルー、ターコイスブルー、ホワイトのエナメルで、美しく彩色されています。真ん中にはダイヤモンドで壺が表現されています。
壺の周りのロイヤルブルーはギロッシュエナメルで、エナメル内側の金に彫られた模様が透けて見えます。
裏面にはエナメルの彩色は皆無で、模様だけが彫られています。

b0284422_13443581.jpg


b0284422_13362322.jpg


b0284422_14214566.jpg


左右観音開きにロケットを開けて中を覗いて見ると、向かって左側には、年配のとても上品な雰囲気ですが、強い意志をしっかりと持った表情の男性の写真が。右側には金色の糸で束ねられた白髪(恐らくその男性の遺髪)が納められています。

b0284422_13483688.jpg


b0284422_13381192.jpg



写真のフレーム部分には、「IN MEMORIE OF JAMES AIKIN」「5TH JULY 1878」
という文字が彫られています。亡くなったJAMES AIKIN氏を偲んで作られたモーニングジュエリーです。

b0284422_13391042.jpg


きっと家族の大きな愛情に包まれた、仕事も成功して裕福な英国紳士だったに違いありません。
きりっとした表情から、インテリで知的な雰囲気も伝わってきます。

ペンダントのパフォーマンスや写真によって、色々な光景が次から次へと頭の中に湧いてきます。

ゴールド シルバー ダイヤモンド エナメル ペンダント
イギリス 19世紀中期 
[PR]