シルバー台に四角くカットされたペーストをレール留めでセットされたエタニティーリングです。
青色の両サイドを無色のペーストで挟んだラインが、ストレートでスッキリしたデザインです。

b0284422_1932829.jpg
b0284422_1945377.jpg


この無色のペーストは、リングの円弧の半分だけに留められています。
その半球状の無色のペースト部分は左右に広がって、180度反対側にひっくり返って納まります。その納まった反対側の元々青色ペーストの有った位置に、今度は赤色のペーストが綺麗に並んでいます。
中側のリングの半分は青色、反対側の半分には赤色のペーストが留められているのです。

b0284422_1982048.jpg

b0284422_19101163.jpg


両サイドの無色ペーストはそれぞれ半円部分だけに留められています。それが円の両サイドで赤と青色ペーストが一列に並んでる中側のエタニティーリングの、青色と赤色の繋がった部分に金具で留まっています。(文章での表現はとても判り難いですので、写真をご覧ください。)

b0284422_19124670.jpg

b0284422_19135065.jpg


この様に赤色と青色を使い分けられるスタイルをして、赤をデイ、青をナイトと表現してデイ&ナイトと呼ばれます。


リング側面のシルバーの部分には、全ての面に模様が彫られています。
ペーストをレール止めしている細い線上には全て細かなミルが刻まれています。
どういった状態におきましても、彫かミルが施された地金が必ず見えます。
これが私のお気に入りポイントです。

b0284422_19165796.jpg

b0284422_19181366.jpg


指に当たる内側にはペーストに光が入る為の正方形の穴が綺麗に整列しています。こちら側は彫が無い鏡面で、只935というシルバーの金証を表す数字だけが印されています。

b0284422_19184543.jpg


エタニティーリングですのでサイズ11.5号は直せません。そのサイズの指をお持ちの方だけがリングとしてお使い頂けるのです。お持ちでない場合は、好きな状態にリングを広げて、チェーンを通してペンダントとしてのご使用を提案致します。

細部に至るまでデリケートな模様が刻まれ、構造的にもすごく興味深いリングです。

No.11304
Sv. ペースト デイ&ナイトリング
イギリス  20世紀初期  ¥94.500  
[PR]
オリジナルボックスの蓋を開けて対面したその瞬間から厳かな気持ちにさせられ、思わず姿勢を正して向き合ってしまう。そんな不思議なパワーを感じるペンダントです。
私がロンドンで出会った時のファーストインプレッションでした。

b0284422_13414221.jpg


b0284422_13324230.jpg


表面はロイヤルブルー、ターコイスブルー、ホワイトのエナメルで、美しく彩色されています。真ん中にはダイヤモンドで壺が表現されています。
壺の周りのロイヤルブルーはギロッシュエナメルで、エナメル内側の金に彫られた模様が透けて見えます。
裏面にはエナメルの彩色は皆無で、模様だけが彫られています。

b0284422_13443581.jpg


b0284422_13362322.jpg


b0284422_14214566.jpg


左右観音開きにロケットを開けて中を覗いて見ると、向かって左側には、年配のとても上品な雰囲気ですが、強い意志をしっかりと持った表情の男性の写真が。右側には金色の糸で束ねられた白髪(恐らくその男性の遺髪)が納められています。

b0284422_13483688.jpg


b0284422_13381192.jpg



写真のフレーム部分には、「IN MEMORIE OF JAMES AIKIN」「5TH JULY 1878」
という文字が彫られています。亡くなったJAMES AIKIN氏を偲んで作られたモーニングジュエリーです。

b0284422_13391042.jpg


きっと家族の大きな愛情に包まれた、仕事も成功して裕福な英国紳士だったに違いありません。
きりっとした表情から、インテリで知的な雰囲気も伝わってきます。

ペンダントのパフォーマンスや写真によって、色々な光景が次から次へと頭の中に湧いてきます。

ゴールド シルバー ダイヤモンド エナメル ペンダント
イギリス 19世紀中期 
[PR]
今回のパリでは、バンブーマーケットに行きました。
そこで出会った「手」は、今青山店で指輪を着けてディスプレイの演出を担っています。

b0284422_19143769.jpg


もう一つの戦利品「メガネ」をご紹介致します。
マーケットの、とある店の台に本、ペン、陶器や置物等など、何でも有り状態の中に、当時のちょっとオシャレな、メガネのシルエットを反映したケースに守られて、それは佇んでいました。
手にとって見てみると、真ん中のブリッジ以外は全て同じ模様つきのセルロイドで覆われていて、良い感じです。ケースもしっかりしていて、外も内側もきれいです。
ケースの内側にこのメガネを最初に販売した、パリのメガネ屋さんの店名が書かれています。
メガネを掛けた顔と一緒に。


b0284422_183497.jpg
b0284422_1842726.jpg


試しに試着してみたら、鼻当てが付いている為、安定した掛け心地です。
最後に「これ幾ら?」と聞いてみると、納得のいく返事が返って来たのでゲットしました。
これも今青山店の外から覗けるショーケースに並んでいます。

b0284422_18253239.jpg
b0284422_18253434.jpg


20世紀初期のメガネ。もちろんオリジナルケース付きです。¥44.100-

緊張したジュエリー買付けの合間でちょっと息抜き、のひと時でした。
[PR]
二週間があっという間に過ぎ、日本へ帰る日になりました。
今回はロンドン、パリ、ウィーン、アムステルダムと、4つの街でアンティークジュエリーを求めて歩き周りました。

普段使いのチャーミングなジュエリーはもちろん、久しぶりに少しゴージャスなジュエリーもご紹介いたします。
新着フェアーで、是非素敵な品々を見にグッドウィルの店舗にいらして下さいませ。 皆様にお会い出来ます事を楽しみにしております。
[PR]
今日は朝1番にバンブーマーケットに行きました。
ここに並んでいるのは、アクセサリー、洋服、雑貨等の日用品が主で、ジュエリーにはほとんどお目に掛かれないので、店のディスプレイに使う小物を捜します。

今日の収穫は、指輪やブレスレットをディスプレイするのに気の効いた木製の手です。
ロンドンでもたまに見かけるのですが、指が折れ曲がるタイプで少し大きくてごついのです。手に入れたこれは小ぶりで、実際の手に近い優しい自然な感じです。 他にヴィンテージの眼鏡もゲットしました。

この後はクリニアンクールです。
このマーケット全体はかなりの広さが有り、出店している店は数え切れない程有ります。並んでいる商品の種類は何でも有りです。
その中で私が立ち寄るディーラーは全部で20軒程度なので、それらを効率良く周ります。 皆さんとはもう顔なじみの仲なので、誰もが笑顔で迎えてくれます。
ここでの仕事が終わって、遅いランチを摂り、次はルーブルアンティークセンターに向かいます。

b0284422_1314441.jpg


初めて此処に来た時は、地下一階から二階までの三フロアー全てが営業していて、その半分以上が宝飾店でした。並んでいるジュエリーの膨大な量に圧倒されました。 それが今ではかなりの店が閉店していて、寂しい限りです。 この先どうなってしまうのでしょうか?

b0284422_132714.jpg


パリ最後の買い付け商品は、長考の末頑張って決心した大粒ローズカットダイヤモンドのリングです。
どなたの指を飾る事になるのでしょうか?

20時13分、パリ北駅発のユーロスターでロンドンへ帰ります。
[PR]