人気ブログランキング |
b0284422_1853185.jpg

又また29歳でアンティークショップの店長だった時に、初めてロンドンへ買い付けに行った時のお話です。

それまでアンティークジュエリーを買った経験は全く有りませんでした。
初めてのロンドン買い付けで、自分が何時も身に着けていられるアンティークのインタリオリングを絶対に買う決心を、ロンドンへ行く前からしていました。

最初に訪れたバーモンジ―マーケットのショップで気になるリングを見つけて試着をしました。他にも数点のインタリオリングを見ましたが、もちろん直ぐには決められません。
b0284422_188235.jpg

翌日のポートベローロードマーケットでも目を留めたリングを見せてもらうと「あれっ?このリングは昨日見たのと同じだ。同じものが幾つも有るはず無いのに何故だろう?」と不思議に思いました。

私はマーケットでジュエリーを見る時には、ケースの中の品物しか見ていません。実際に買う決心をした時に初めて、そのブースのディーラーと顔を見合わせて話します。そこに有るリングがどのディーラーの商品なのかという認識が全く有りませんでした。
つまり昨日バーモンジ―で見たリングを持っていたディーラーが、今日はここポートベローロードに来てブースを持って営業していたのです。だから同じリングがここに有った訳です。謎が解き明かされました。
b0284422_18163947.jpg

昨日も今日も同じリングに目を留めて見せて貰ったというこの事実は、自分が本当にこのリングを好きに違いない、という事に気付きました。
それで改めてインタリオのモチーフやシャンクの模様、指に着けた時の雰囲気、ダメージが無いか等細かい所まで何度もチェックしました。
本当はクレストの輪郭を持ったインタリオリングを第一候補としていたのに、オーバルなのがちょっと不本意ですが、でもホールマークが綺麗に彫られています。錨とアルファベットのNがはっきりと判読でき、1862年にバーミンガムにあるメーカーで作られた指輪という事が判ります。625は15ct.ゴールドの表記。その隣のEと半欠けのVはメーカーマークです。
b0284422_1895419.jpg

(このメーカーマーク、実は最初綺麗に入っていたのですが、日本でサイズ直しをした際にこうなってしまいました。ごめんなさい。
シャンク外側、横の片側に亀裂が入っているのが、元々だったのか、サイズ直しの時に成ったのかは不明です。)
b0284422_18105126.jpg

こんな良いも悪いも色々な要素を検討して考えた結果、不思議なご縁も感じるし、これにしよう!と決心しました。
b0284422_18112926.jpg


これが私とグッドウィルリングとの出会いでした。

GOOD WILL TOWARD MEN の意味はその時点では良く理解していませんでした。
その後ホームページを作る際にパソコンで調べてみたところ、聖書の中の一文であることがわかりました。

Glory to God in the highest, on earth peace, good will toward men.

「いと高き所では栄光が神に, 地上では平和が,善意の向かう人々に」。
電網聖書『ルカによる福音書 2:14』

とても安らげる文言で本当に良かったです。
この指輪の初代オーナーは、おそらくキリスト教と深い関わりを持っていたのですね。
私で何代目になるのでしょうか。

このインタリオリングとのお付き合いは今年でもう26年目に突入しますが、何時見ても可愛らしく微笑んでくれます。きっとこれから先もずっと永遠に。
今年最初のひとりごとは、初詣.

先ずは以前アンティークジュエリーショップで店長として仕事をしていた時のお話です。

店の売り上げが芳しくなかったある夏の日、たまたま友人に誘われて初めて鎌倉の銭洗弁財天宇賀福神社へ行きました。
その時の願い事は勿論、何とか店の売り上げが上がりますように!です。

その数日後、店でいつも通りの営業をしていました。
すると、とても上品な奥様が店に入って来られました。その瞬間の光景が今でもはっきりと脳裏に焼き付いているのですが、不思議な事に後光が差したかのようにその姿が光輝いて見えたのです。
一緒にいらっしゃったご主人様もアンティークがお好きで、良くお二人でアンティークショップを見て廻られるとの事でした。
そして色々なお話をして店のジュエリーをじっくりとご覧になった後、その中で一番お気に入りになったヴィクトリアンのダイヤモンドブローチをお決め下さいました。
こちらのご夫妻にはその後も頻繁にご来店賜りました。

こんな事が起こりましたので、その翌年の初詣から銭洗弁財天宇賀福神社へ行く、という事が習わしとなり、それが今だに続いています。

2009年10月にグッドウィル青山店を開店いたしました。
こちらのすぐ傍には明治神宮が有り、その表参道に程近い場所で営業しています。そうで有るならば、明治神宮に参拝しない訳にはいかないだろうと思い立ち、 2010年の初詣から元旦にお参りをするようになり、今年で4回目となりました。

初詣に幾つもの神社に行くのが何だか掛け持ちの様で憚られるのですが、良いことがたくさん起こると信じてこれからも続けて行こうと思います。

グッドウィル
末永 富士夫
2013年が明けて、皆様には健やかに新年をお迎えのことと存じます。

グッドウィル青山店も本日より営業を始めさせて頂きます。

今年も皆様のご興味が湧いて、お目を留めて頂けます何かを提案出来るよう努めて参ります。
グッドウィルを、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

この巳年が皆様にとって素晴らしい年になります事を、心より祈念いたします。

グッドウィル
末永 富士夫
# by goodwill-owner | 2013-01-09 07:00 | ご挨拶 | Comments(0)
グッドウィル青山店は、赤坂より移転して早くも3年が経ち、4年目を迎えることが出来ました。
これもひとえに皆さま方のご厚情の賜物と感謝しております。
誠にありがとうございました。

本日12月29日(土)19時を持ちまして、本年の営業を終了致します。
新年は1月9日(水)11時より営業を開始致します。
変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

新年が皆さまにとってよりよい年になりますよう、お祈りいたします。

末永 富士夫
# by goodwill-owner | 2012-12-29 07:00 | ご挨拶 | Comments(0)

b0284422_1275520.jpg

1991年にグッドウィルを開業してから、買い付けの渡航先をロンドン、パリだけでなく、それ以外にも探して行って見ようと思うようになりました。
まずは情報を仕入れようと、機会が有る毎に知り合いのアンティークディーラーに「買い付けはどちらに行かれますか?」との質問をして模索を始めました。
ヨーロッパではアムステルダム、ブリュッセル、ウィーン、ミュンヘン等々候補はたくさん上がりました。それらの候補の都市を通常の買い付けの時に1か所ずつ潰していきました。
アメリカは広すぎて都市をまんべんなく訪れるのは現実的ではないので、アンティークフェアーを対象として検討しました。そしてその中でおそらく最大規模と思われるマイアミフェアーへ3泊4日で行く計画を立てました。

会場に着いて先ずびっくりしたのは、その大きさです。大きなイベントホールが何軒も連なっていて、その中にはびっしりとブースが並んでいるのです。
全体像を把握する為最初に下見として軽く、でも隈なく全てのブースでジュエリーを見て回ることにしました。アンティークだけでなく、モダンのジュエリーを扱っているブースもかなり有ります。アイテムもジュエリーに限らずアクセサリー、時計、美術工芸品等々種々雑多ですので、それだけで丸一日かかってしまいました。

次にびっくりしたのは、私の事を知っている人の多かった事です。
会場を見て回る時は、とにかくケースの中のジュエリーを万遍なく見て全ての商品をチェックします。そして目が止まり見せてもらいたい品物を見つけた時に、初めて顔を上げてそこのディーラーに声をかけます。
ところが私がケースの中を覗きこんでずっと下を向いてジュエリーを見ている最中に、そこのディーラーの方から「Hello Fujio !」と声がかかります。
ロンドンのアンティークディーラーが何人も来て、そこにブースを展開していたのです。
それだけでは有りませんでした。私が商品を見ている横からもポンと肩を叩かれて「Hello Fujio !」や「こんにちは 末永さん」とあちらこちらで声がかかります。
このショーを見にロンドンのディーラーは勿論、日本の同業者も数多く来ていたのでした。

それだけ多くの業者が世界中から集まって来ているのですから、展示されている商品の数も膨大です。述べ何千点のアンティークジュエリーを見たのか定かではありませんが、その中で私がこれ素敵だな、と感じて見せてもらったアンティークジュエリーの殆どが、ヨーロッパで作られた物でした。
アメリカ製のジュエリーは見せてもらっても、結局1点も買えませんでした。
そしてこのトリップで7点買いましたが、その内の4点はイギリスのディーラーからでした。
この経験で判った事が有ります。
私の好み、嗜好に合うアンティークジュエリーは、
1)ヨーロピアンテイストの品物だったんだ。
2)アメリカンテイストは合わない。
という事です。

その後の色々な機会でアンティークジュエリーをいくら見ても、一向に外しません。

前置きが長くて済みません。これから今回の主役のお話に入ります。

そのマイアミフェアーでイギリスのディーラー以外のディーラーから買ったミニアチュールのペンダントです。
3人のエンジェル、もしくは子供たちが網で蝶を採っているのどかな光景です。それぞれ皆違うかわいい表情をしています。


エンジェルモチーフは頻繁に見かけますが、どの作品も顔は全部違います。手描きされたからこその成せる業です。
b0284422_1730915.jpg

b0284422_17315316.jpg


フレームもおそらくフランス製と思われますが、真珠で表現された花や薄いゴールドのリーフがとても繊細で軽やかです。真珠の一つ一つの色と形が微妙に違うところも、味のある優しい雰囲気を醸し出す要因です。
b0284422_1732556.jpg


チェーンを通すバチカンだけはちょっとしっかりめで、艶出し仕上げで色も微妙に本体とは違いますので、このパーツだけは後で取り付けられた物と推察されます。

裏側の真ん中のオーバル形のガラスの蓋は蝶番で止められていますので、観音開きに開いて中に写真を入れられるロケットとして使用できます。愛する人の写真をいつも身に着けて、いつでも会えるようにしていたのですね。
b0284422_17343033.jpg

b0284422_17344270.jpg


見ているだけでなんだか優しい幸せな気持ちにさせられてしまうという、不思議なパワーを持った逸品です。
顔が自然にほころんでしまいます。

Gold. Sv.
パール ミニアチュール ペンダント
フランス 19世紀中~後期